2018年入寮者の募集

poster-1

2018年度春季(4月入寮)の新規入寮者の募集を実施します。

応募書類の提出締切は2018年1月24日水曜日、面接は2月3日土曜日です。

入寮希望者は入寮希望の方へ(2018年春期募集用)のページで、募集要項および書類様式、提出方法をご確認ください。
ご応募おまちしております。

HdBについて

京都「国際学生の家」(Kyoto International Students House)は、スイスと日本の国際的協力による市民レベルの寄附金によって1965年4月1日開寮しました。設立者Werner Kohler博士(ハイデルベルグ大学教授、1984年ご逝去)の設立理念は、Principle and Purposeに凝縮され、当学寮を「出会いの家(HdB, Haus der Begegnung, House of Encounter)」と別称する所以です。当学寮は、設立理念である「共同の生(Life Together)」と「出会い(Encounter)」を掲げた特徴的活動を実践しています。ハウス・ペアレントとその家族が、この「共同の生」の助言者として常任し、レジデンツ(入居学生)及びスカラー(研究者等)と共同生活を営んでいます。レジデンツ数(34名)の三分の一は、日本人学生です。各国留学生は原則として3名以内です。寮生は、寮生活に必要な種々の仕事を分担し、国際相互理解を促進する各種行事を行っています。寮生達と一緒に各国の料理を作り、食を通じて語り、それぞれの国や人々を理解する「コモンミール」を柱に、「ハウス・ミーティング」や「セミナー」などの活動を行っています。更に、この寮を支えて下さる後援者達に感謝する「感謝祭」や、地域の方々を招いて、各国の代表的な料理を味わっていただく「国際食物祭」など、広く国際相互理解の場を提供しています。 しかしながら、「共同の生」は、単に一緒に暮らし、一緒に活動することではありません。設立理念に記されているように、「共同の生」は、異なった信念や意見を持った人や、好きな人も嫌いな人ともお互いに関係を持ちながら、これらの人達を愛し尊敬することです。私たちには、お互いの意見に同意したり、同意しない自由を持っています。ここは、単に戦争が無いというのではない、真の平和のための訓練場なのです。

次の50年にむけて、ご支援のお願い

募金用パンフ(試案MS明朝2中間最終)(ドラッグされました)

 

募金趣意書(全文PDF)

ご寄付のお願い(ページリンク)

Event schedule 2017 Fall

 

Date Event Start Time
October 7 (Sat) Welcome Party 6PM
October 20 (Fri) Common Meal 1 6:30 PM
October 21 (Sat) Sport Day  To be decided
October 28 (Sat) Common Meal 2 6:30 PM
Nobember 11(Sat) Thanksgiving Day 6PM
Nobember 17(Fri) Common Meal 3 6:30 PM
Nobember 18-19 Trip TBD
December 1(Fri) Common Meal 4 6:30PM
December 16(Sat) Christmas Party 6:30PM
December 17(Sun) Big Cleaning Up 10AM
January 12(Fri) Common Meal 5 6:30PM
Jaunary 20(Sat) Seminar 10 AM
Februay 2(Fri) Common Meal 6
*Ellection
6:30 PM

 

ホームウィジェット 3

3つ目のホームウィジェットボックスです。編集するには、「外観 > ウィジェット」画面で上から8つめにある「ホームウィジェット 3」(エリア 8)を選んでください。このウィジェット内でタイトルも指定できます。