SDGs Event, 11th Jan 2020

SDGs Event, 11th Jan 2020

1月11日にHdBで「SDGsイベント」を行いました!!
このイベントは、本年度初めてハウスで行うイベントです。まずは、当番を決めてSDGs当番は、事前に大阪などで行われた学習会などに参加して準備を進めました。そして、「SDGsゲームで私達にできること」と題してイベントを企画・運営しました。

今年度、私達がSGDsイベントを今期に当番にしてまで活動しようとしたのは、大きく二つありました。
一つ目は、HdBの存在意義をより多くの人に知ってもらうためです。
HdBに住む多種多様なバックグラウンド(国籍、年齢、性別、学問分野)を持つ寮生がHdBの理念と共鳴するSDGsを一つ一つ動画で発信することで、HdBが体現する’’Living together’’とはどういうことかをわかりやすく知ってもらうことができるのではないかと考えました。

二つ目は、SDGsの活動を通して寮生自身が自分の学ぶ学問がより広い視点で見た時にどんな位置付けにあるのか、また、留学生レジデントと日本人レジデントは様々な専門分野で学習をしており、SDGsのイベントを通じて他の学問領域とどんな風にコラボすることができるのかを考えることができるかを共に考えようと思ったからです。

ところで「SDGs(エスディージーズ)」とは最近何かと聞いたり見たりしますが、「Sustainable Development Goals」の略であり、日本語では、「持続可能な開発目標」と翻訳されています。これは、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。そして、SDGsは「17の目標」と「169のターゲット(具体目標)」で構成されています。また、私達の住む京都市は、「全国市区・サステナブル度・SDGs先進度調査」で首位に選ばれています。

ここHdBは、SDGsが掲げる16番目の目標である「平和と公平を目指している」を目指して異文化交流を促進しています。

レジデントたちは、SDGsイベントの当日までに、各自の興味・関心で10のグループに分かれて、それぞれの目標について、意見を交換しあいました。
そして、HdBでの活動通じて、SDGsの目標を紹介する動画を制作し、その動画をSDGsイベント当日に発表することにしました。
アニメーションや寮生による寸劇を絡ませた映像など、個性あふれる作品が集まりました。

SDGsイベント当日には、国籍に関係なく社会人も学生も一緒にHdBに集まり学習と交流を行いました。
・SDGs神経衰弱
・SDGsジャスチャーゲーム
・SDGsクイズゲーム
を楽しみながら参加者はSDGsの意味について学びました。

そして、レジデントがグループで作ったSDGsに関する動画をみんなに見てもらいました。

また、当日にはゲストスピーカーとして、
グローカル人材開発センターの木下さまと、
SDGs公認ファシリテーターの玉木さま
の2名にお越しいただき、それぞれの取り組みや、SDGsに関しての公演をして頂きました。
その後、自分で取り組めるSDGsについて、グループでディスカッションし、その内容をそれぞれのチームが発表しました。

ゲーム、レクチャーやアイデア発表を通して、レジデントと参加者はSDGsについて理解するとともに、SDGs達成のために自分たちには何ができるかを考えることができたのではないかと思います。

末筆ではございますが、本当にお忙しい中、ご参加頂いたゲストおよび、ゲストスピーカーとしてご公演頂いた、木下さま、玉木さま、本当にありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です