Seminar, 30th November, 2019

Seminar, 30th November, 2019

11月30日に行われた後期のセミナーでは、清水焼の陶芸体験をしました。参加者は、レジデントとスカラーそして、地域住民方々がHdBに集まって行いました。小さな子供たちも参加しました。

清水焼の講師の先生には、二人来ていただきました。
イベントのスケジュールは、まずは、先生に京都と日本における陶芸の歴史やお話を教えてもらいました。退屈にならないように、クイズなども入っており楽しくお話を聞くことができました。

次に、陶芸体験です。まず、先生による作り方の説明と実演がありました。その後、みんなで作品を作り始めました。

実際に湯呑やお茶碗をつくるのは初めてというレジデントがほとんどで、それぞれの好きなものをデザインして作りました。先生はとても簡単に実演していましたが実際にやってみると、先生みたいにうまく作ることができませんでした。しかし、みんな思い思いの作品をデザインして、制作を楽しんでいました。最初は、おしゃべりしながら取り組んでいましたが、次第に集中して、静かに取り組んでいました。うまくいかなかったり、わからないことがあったら、すぐに先生が手直しをしてくださり助かりました。

普段なかなか経験することができないことを共有できたので、とても有意義なセミナーになったと思います。

週間後には、それぞれの作品に釉薬が塗られて焼き上げられて、HdBに届きました。完成品は、大切な思い出として大切に使いたいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です