CM3

CM3

今日は今期第3回目のコモンミールでした。メニューは鱈のフライ、鶏肉味噌焼きアボカドソース和え、中華焼き飯、ラタトゥイユ、苺ゼリームース🍓、鰹のタタキとシャキシャキサラダタルタルソース付きです。ゲストは15人だったので、みんなでぎゅうぎゅうになりながらワイワイ食べました。どれもとっても美味しくていつものように欲張って食べてしまいました。私は鶏肉味噌焼きを担当したのですが、美味しい!と褒めてくれた人がいて嬉しかったです。
ワイワイお喋りする中で、京都に長年住んでおりいつも何かとお世話になっている方から、糺の森は昔はもっと木が茂っていて怖いくらいだったという話を聞きました。私は今でもすごく雰囲気のある場所だけどなと思うとともに、そんな糺の森を一度見てみたかったと思いました。そして、京都というこの地でさえそうなのだから、文化や景観を後世に残すというのは本当に難しいことなんだろうと思いました。「私たちに残されたもの」には「何を残すのか」を誰かが決め、それを実行してきた歴史があるのだと思いました。
私達が住んでいるこの寮も来年四月には建て替えをし、一度みんな離散してしまいます。
言い換えれば、建設当時から脈々と受け継がれてきた伝統が一度途絶えるということです。私たちが受け取ってきたもの。新たに作り上げてきたもの。次のHdBに残したいもの。きっと言葉にできないことばかりなんだと思うけれど、かけがえのないものばかりだと思うから、大事に大事に言葉にしていけたらいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です